保育士の皆さんに質問です。
現役で保育士をしている人と話す機会が頻繁にあります。
その中で気になることがあるのですが、仲が良いわけではないので遠慮してしまいます。

1.正職員・臨時職員の違いについて
私は単純に『正規雇用・非正規雇用』の違いだと思っていました。
実際、臨時職員だけど正社員になりたい人の理由は殆どこれのようです。
逆に臨時職員のままでいたい人もいて、その理由は『正社員は責任があるし…』ということでした。
私の感覚では、責任のない仕事ってあるのかな?という感じです。
正社員になりたい!という意欲があって実際に正社員になった人も『責任がある仕事はしたくない』と言っています。
自分がミスや事故を起こしたらそれは自分の責任だと思うのですが、保育士の中ではそうではないのでしょうか?

2.偉くなりたくないし新しいことはしたくない
これもみんな口を揃えて言っています。
私の育ってきた環境では、新入社員として入社して、仕事を覚えて、翌年に後輩ができて、その面倒を見て、そこから段階的に偉くなっていくのが普通です。
でも、保育士さんたちはそうではなくて、ずっと同じポジションでいたいそうです。
(それなのに、先輩後輩とか経験年数にはすごくこだわります)
加えて、新しいことや変化に対する拒絶反応が強いそうです。

小さなことで言えば、前の職場では出勤簿だったのに今の職場ではタイムカードになった…という事も受け入れられないとか。
その理由は『だって今まではこうだったのに』というものです。
よく『だって保育士なのになんでこんな事をやらないといけないの?』という愚痴を聞きます。
その内容は「園にかかってくる電話(または来客)の応対」とか「事務仕事」とかも含まれます。
臨機応変な対応は苦手で、その理由も「保育士がやる仕事じゃないから」とか。
だから、1年目だろうが20年目だろうが全く同じ仕事を全く同じように、何も変わりなく淡々とこなして毎日が過ぎていくのが理想だそうです。

そして、給料はもちろん毎年ちゃんと上がって欲しいと。
皆さんもこんな感じですか?

3.自分を分かって欲しい、共感して欲しい、肯定して欲しいという気持ちが強い?
これは私が話を聞いていて感じたことです。
もちろん、保育士に限った話ではないと思いますが、私が話を聞いていて強く感じる人たちがたまたまこの保育士さんたちです。
ミスをしたけど、それについては触れないで欲しい。
それより、そのミスをしてしまったのには自分の中の精神的な理由があって、それはこういう事が原因(家庭環境だったり上司や同僚に言われたことで傷ついたり)だったんだと。
それを分かって欲しいという事が最優先されるようです。
どんなに優しくても、注意されたり否定されるのはものすごく怯えて、自分を肯定してくれたり褒めてくれたりする人のところしか行かないとか。
まぁ、これは保育士さんだからということではないですかね。

“質問者さんに同感です。
?マークが10個くらい並びます。
その人だけが、その人たちが特別なのでは?
地方ですか?
また、公立?私立?ですか?
保育所もレベルに雲泥の差があります。
保育所も安全対策が行き届いているところから、いい加減なところから研修会に職員を参加させて療育までしっかり取り組む高いレベルのところまでピンキリです。

①専門職は、みな責任ある仕事です。
質問者さんに同感です。
利用者からみて、その人がパートか?正社員かなんて関係ありません。
みな、同じ保育士です。
〇ミスの原因を探ることは大事ですがミスの再発を防ぐ対策をだせないのであれば、能力低いです。

②なんか、ずいぶん都合いい話ですね。
そんなの通用するわけない。
〇古い慣習を大事にして新しいものを受け入れられない?
保育だって、教育だって、研修があり。
新しい知識がどんどん入ってきます。
〇どちらに、おすまいですか?
地方では、そういったところは多いかもしれません。
また、私立保育園が多い(ワンマン園長が保守的で新しいもの嫌いが多い)エリアだと、そうかも?
もし、質問者さんがカウンセラーさんだとしたら保育士の中でも、そういったメンタル弱い人が 特に集まってくるからでは?

>その理由は『だって今まではこうだったのに』というものです。
>よく『だって保育士なのになんでこんな事をやらないといけないの?』という愚痴を聞きます。

ハッキリ言って、こんな人、職場に要らないです。
周囲に疎まれているから、周囲との人間関係もうまくいかない。
上司にも睨まれている。
保護者からも嫌われている。
それで、カウンセラーとか受けに来ませんか?
仕事は、目の前に何かあったら、自分で動くか自分の管轄外なら伝言します。

こちらの保育士さん向け転職サイトおすすめです。→ハローワーク 保育士 求人

一口に「女性の転職サイト」と言いましても、求人の中身に関しては各サイトによってバラバラです。
そういうわけで、なるべく数多くのサイトを利用するようにすれば、良い求人に巡り合う可能性が高くなるはずです。

転職エージェントに任せる事を推奨する理由の1つに、別の人には開示されることがない、通常公開されない「非公開求人」が数多くあるということを挙げることができます。

只今閲覧中のページでは、30~40歳の女性の転職現況と、この年代の女性が「転職を成功させる確率を上げるには何をしなければならないのか?」について記載してあります。

転職することを視野に入れているとしても、「仕事を続けながら転職活動に勤しむべきか、会社を辞職してから転職活動に勤しんだ方が良いのか」というのは、非常に頭を悩ませるはずです。
その事に関して大切なポイントを伝授させていただきます。

仕事をする場所は派遣会社に仲介してもらったところということになりますが、雇用契約そのものにつきましては派遣会社と交わしますから、そこで許せない扱いを受けた際は、派遣会社に改善を申し出ることができます。

転職を成し得る方とそうではない方。
その差はなぜ生じてしまうのか?このウェブサイでは、看護師の転職における実態に則って、転職を成し遂げるためのポイントを掲載しています。

現実の上で私が用いてみて重宝した転職サイトを、おすすめ順にランキング一覧の形でご案内します。
どれも無料で使えるサイトですので、存分にご活用ください。

転職サイトは公開求人をメインに、転職エージェントは公開求人に加えて、非公開求人をいろいろと扱っておりますので、求人の案件数が確実に多いというわけです。

男性の転職理由というのは、給料アップもしくはキャリアアップ等々、野心的なものが多いです。
だったら女性の転職理由と言うと、果たして何だと思いますか?
転職活動に踏み出しても、容易には良い会社は見つけることができないのが現実だと思います。
殊更女性の転職となりますと、相当な我慢強さと活力が必須の重大イベントだと言えます。

それぞれの企業と親密な関係を持ち、転職をやり遂げるためのノウハウを有している転職サポートの専門家集団が転職エージェントというわけです。
無料で色々な転職支援サービスをしてくれるのです。

「複数社に登録したいけど、求人案内のメール等がしょっちゅう送られてくるから煩わしい。
」とおっしゃる方もいるようですが、名の知れた派遣会社になってくると、一人一人に専用のマイページが準備されます。

現時点で派遣社員という形で職に就いている方や、これから派遣社員として働こうという状況の方も、いつの日か安心できる正社員になりたいと熱望しているのではないでしょうか?
「非公開求人」というものは、決められた転職エージェント限定で紹介されると考えられがちですが、異なる転職エージェントにおいても同じ内容で紹介されることがあるということを覚えておきましょう。

転職にこぎ着けた方々は、どういった転職サイトを活用したのか知りたくないですか?弊社の方で各転職サイト利用経験者にお願いしてアンケート調査を実行して、その結果をベースにしたランキングを作成しました。

関連記事


    「転職したい事はしたいが、何から着手すべきなのか全く以て分からない。」などと頭を悩ませている間に、時間のみが進んでしまって、結果的に何一つ行動を起こすこともなく、今やっている仕事を続ける人が大部分を占…


    転職することによって、何をしようとしているのかを決定することが重要だと言えます。 結局のところ、「何を意図して転職活動を実施するのか?」ということなのです。 望み通りの仕事を発見するためにも、派遣会社…


    転職エージェントと言われる会社は、中途採用企業の紹介は言わずもがなで、応募書類の効果的な書き方や正しい面接の仕方のレクチャー、転職活動のタイムテーブル調整など、それぞれの転職を総体的にサポートしてくれ…


    これまでの実績や信用によって生まれたこちらのサイトだけの看護師推薦枠であったり、求人票やネット情報を見ただけだと調べられない募集についての経緯・背景や求人の状況など、嘘偽りのない情報の数々を手に入れる…


    就職を希望している医療機関の環境や内部の事情について、先だって確認したければ、看護師の転職サポート会社への登録を行って、所属の転職アドバイザーが把握している内容を尋ねるしかありません。 担当の医師が行…